舞踏家 秀島実の公式ホームページ

NEW


秀島実舞踏アトリエ公演

O氏と私

-divertimento-

vol.Ⅳ

 

2017年6月25日(日) 7月9日(日)
19時15分開演
会費2000円
15名定員(各日共)
問・0467・24・0091 秀島
会場・鎌倉市立第一小学校・多目的室

 

 

 

photo
秀島実 & Yas‐Kaz DANCE & SOUND CHAOSMOSE
「生理のはじまり ふたたび」

生理とは、生きることのコ・ト・ワ・リ
死と誕生の大きな螺旋の特異点
月のもの 憑きもの もの狂い 月の暗い側
新月の宵 月が闇に喰われて、また新しく復活するそのはざま
おわりとはじまりが同時に起こる夜のオトナイとフルマイ ~淺野幸彦~

振付:秀島実 振舞:秀島実 中村早紀 音楽:Yas‐Kaz 吹奏:坂野正崇

日 時:2016年11月15日(火)19時開場 19時半開演
会 場:シアターχ
料 金:前売り/3,500円 当日/4,000円(全席自由)

予約・問合せ:hideshima.dance@gmail.com 0467(24)0091
Facebookページ「舞踏家 秀島実」 https://www.facebook.com/hideshimadance

本公演は、3月に鎌倉で行ったアトリエ公演「生理のはじまり」を本格舞台用に大幅に改訂したもの。舞踏家・秀島実の久しぶりの東京公演。秀島と&音楽家・Yas-kaz(佐藤康和)の白熱のセッションに秀島エコールの舞姫・中村早紀の振る舞いとサックスプレイヤーにして建築家・宮大工の坂野正崇の息吹が織り込まれる。
YAS-KAZは、坂田明、小杉武久、故阿部薫らとセッションを始め、土方巽舞踏団や「山海塾」の為の音楽作曲、ウェイン・ショーターや坂本龍一他、多くの世界的な音楽家とコラボレーションやセッションを展開してきた、世界的なサウンドクリエーターであり、パーカッショニスト。
パーカッションの生演奏と世界各地の民族音楽に啓示を受け極上の音宇宙を創造したYAS-KAZと秀島の満を持しての舞踏と音楽のカオスとコスモスの相互浸透(オスモーズ)。

本舞台は「序破急」ならぬ「破序急」そして「余」へと続く
「余」は、余韻、余滴、余裕、そして余興
破:開闢 ~はじまりとおわりのはじまり~
序:月のしずく ~オトナイとフルマイ~
急:遊行 ~生きることの理(コ・ト・ワ・リ)~
余:輾転 ~渾沌と秩序の浸透・カオスモーズ~

秀島実:舞踏家/振付家。1973年~79年大野一雄に師事。1980年の大野一雄欧州ツアー各公演に出演。以来、世界各地で作品を発表、高い評価を得る。

中村早紀:2010年より秀島実に師事。14年「アネモネ綺譚」より秀島実の全作品で舞い踏む。

Yas‐Kaz:東京芸大打楽器科卒。国際的に活躍しているパーカッショニスト&サウンドクリエーター。今回、秀島実との初のコラボレーション。

坂野正崇:バークリー音楽院大学でサックス、即興演奏を学び、ボストン、NYの名門ジャズクラブで演奏。帰国後、大工+建築家+音楽家として精力的に活動している。

照明:曽我傑 オブジェ:野澤昌平 衣装:野澤香 典座:たにし優子 宣伝デザイン:佐藤昭一+STUDIO UNI
プロデュース:淺野幸彦
主催:舞踏/文化’21 共催:シアターΧ

シアターΧの地図
map

 

 

 

hajimari

秀島実 & Yas‐Kaz 「生理のはじまり ~raison d’être~」

作・振付:秀島実 振舞:秀島実 中村早紀 
音楽:Yas‐Kaz 吹奏:坂野正崇

生理とは、生きることのコ・ト・ワ・リ
死と誕生の大きな螺旋の特異点
月のもの 憑きもの もの狂い 月の暗い側
新月の宵 月が闇に喰われて、
また新しく復活するそのはざま
おわりとはじまりが同時に起こる夜の
オトナイとフルマイ 
~淺野幸彦~

2016年2月28日(日)、3月13日(日) 
開場 19:00 開演 19:15
会場:鎌倉市立第一小学校 多目的室Ⅰ   \4,000 限定30名・全席自由
問合せ:hideshima.dance@gmail.com  

秀島実:舞踏家/振付家。1973年~79年大野一雄に師事。1980年の大野一雄欧州ツアー各公演に出演。以来、世界各地で作品を発表、高い評価を得る。

中村早紀:2010年より秀島実に師事。14年「アネモネ綺譚」より秀島実の全作品で舞い踏む。

Yas‐Kaz:東京芸大打楽器科卒。国際的に高い評価を得ているパーカッショニスト&サウンドクリエーター。今回、秀島実との初のコラボレーション。

坂野正崇:バークリー音楽院大学でサックス、即興演奏を学び、ボストン、NYで活動。帰国後、大工+建築家+音楽家として本格的な活動を開始。

オブジェ:野澤昌平 衣装:野澤香
宣伝デザイン:一町田透+STUDIO UNI
写真:藤原浩  
プロデュース:淺野幸彦  主催:舞踏/文化’21

 

 

 

asia

「舞踏家・秀島実&仮面舞踏家・Nani Topeng Losari」アジアトライ10周年記念公演

2015年11月9日 18:00

シアターX

本年10月のインドネシア・ジョグジャカルタで開催されたアジアトライの大成功を受け、世界の現代演劇・舞踏・パフォーマンスの最前線の発信拠点、両国の「シアターχ」で、インドネシア仮面舞踊の至宝「Nani Topeng Losari」と故・大野一雄の高弟、日本が誇る舞踏家「秀島実」の東京公演が実現しました。

インドネシアに「タナアイル(Tanah Air)」という言葉があります。「タナ」は土、「アイル」が水です。

タナ(土)とアイル(水)があわさると祖国という意味になります。

土と水で祖国・故郷はできているというすばらしい言葉です。

それぞれの国(土と水)で培われた彼(彼女)たちの踊りは、その風土でしか生まれかったであろう深く豊かなユニークネス(特殊性)と、それを極めた果てのユニバーサリティ(普遍性)に至る踊りの神髄があります。

是非、会場にお運びいただき、みなさまの目と耳そして五感で、その神髄をご体験下さい。お待ちしております。  記:淺野幸彦

◆月 日:11月9日(月曜日)

◆ロビー開場:16:00ごろ(未定)

*ロビーでのアジアトライ10周年の展示など予定

◆開 場:19:00

◆開 演:19:30

・第一部 Nani Topeng Losari仮面舞踏(from Indonesia)

出 演:Nani Topeng Losari

・第二部 秀島実舞踏「夜の大陸、再び」

出 演:秀島実&中村早紀

◆料 金:2,000円

*チケット問い合せ:淺野幸彦 ezy02025@nifty.com

◆ゼネラル・プロデューサー:曾我傑

 

 

 

11150462_481578012000365_8095459312155320291_n

舞踏 / 文化 ’21 アトリエ公演『夜の大陸の果て ~other body , other voice~』

振付:秀島実  振舞:秀島実、中村早紀、山本かおり

 

永久に漆黒のとばりにつつまれ、ありとあらゆる神話的形象が有為転変のたたらを踏むところ。

見たことのない異なる身体が目覚め振る舞い、聞いたことのない異なる声が口をついて出てくる。

~淺野幸彦~

2015年6月20日(土)、6月27日(土) 

18:45開場   19:00開演

*18時30分くらいから受付で入場整理券を配ります。

会場:鎌倉市立第一小学校 多目的室Ⅰ

会費:2,000円

限定50名・全席自由   

問合せ:hideshima.dance@gmail.com

秀島実 作・振付

振舞:秀島実 中村早紀 山本かおり

吹奏:坂野正崇

写真:今和明、ノニータ、藤原浩

宣伝デザイン:一町田透+STUDIO UNI

プロデュース:淺野幸彦

主催:舞踏/文化’21

秀島実:舞踏家/振付家。1973年~79年大野一雄に師事、個人レッスンを受け、1980年の大野一雄欧州ツアー各公演に出演。同年よりソロ、多国籍グループ「Ensemble-W」、客演などで世界各地で作品を発表し続ける。14年は新作「小父さんの直覚」、「アネモネ綺譚」を鎌倉で発表。

中村早紀:2010年春より秀島実に師事。アトリエ公演等で研鑽をつみ、14年「アネモネ綺譚」に出演。「夜の大陸」では山本かおりとメイン舞踏手として振る舞う。J:COM鎌倉を経て、現在、NHK横浜支局鎌倉報道室に勤務。

山本かおり:14年夏より秀島実に師事。同年「アネモネ綺譚」に出演。また「夜の大陸」では、中村早紀とともにメイン舞踏手として振る舞う。幼少時よりダンスを習う。大学時代にストリートダンスに触れ、横浜ダンスディライト特別賞受賞。

 

 

 

11009927_482216018603231_1509422650964528027_n

4月25日(土)13時 入場無料

神奈川県立音楽堂

横浜・捜真女学校ブラスバンド定例演奏会で踊ります。

「Ants in my pants」の曲で、お近くにお住まいの方お立ち寄りください。

 

 

 

 

nakamura_yamamoto
秀島塾 舞踏ライブ「夜の大陸 Terra Incognita」

振付:秀島実  振舞:中村早紀、山本かおり

開催日:2015年2月22日(日曜日)   
開 場:18時45分  開演:19時
場 所:鎌倉市立第一小学校多目的室Ⅰ
http://goo.gl/oj5AOG
会 費:2,000円 全席自由 限定50名

チケット:Peatix(取扱い枚数:先着10名様のみ)
http://terra-incognita.peatix.com/
売り切れ後は下記へ

お問合せ・申し込み:hideshima.dance@gmail.com
0467(24)0091

音響・照明:曾我傑   プロデュース:淺野幸彦
主催:舞踏/文化 ’21

*タイトル写真は、2014年11月28日開催 秀島実舞踏公演「アネモネ綺譚~NOW HERE / NOWHERE~」より  撮影:藤原浩(左右)、全身写真家ノニータ(センター)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回のアトリエ公演は、「啐啄(そったく)の機」。二人の踊りの求道者の「啐(ひなが卵の殻を破って出ようと内から殻をつつき始める)」に合わせて、秀島実という舞踏の導師が、「啄(母鳥も外から殻をつつき割ろうとする)」というまたとない好機を迎えている。
彼女たちの一衣帯水の身体と心は、その中に果てしない時間と空間、夜の大陸、永遠に知られざる場所を孕みながら、いままさに孵化しようとしている。そう、永遠に知られざる夜の大陸は、月の裏側(The Dark Side of the Moon) 。狂気(lunatic)、憑きもの、月のもの、つく読みがざわめきだす。~淺野幸彦~

秀島実:舞踏家/振付家。1973年~79年大野一雄に師事、個人レッスンを受け、1980年の大野一雄欧州ツアー各公演に出演。同年よりソロ、多国籍グループ「Ensemble-W」、客演などで世界各地で作品を発表し続ける。14年は新作「小父さんの直覚」、「アネモネ綺譚」を鎌倉で発表。
中村早紀:2010年春より秀島実に師事。アトリエ公演等で研鑽をつみ、14年「アネモネ綺譚」に出演。J:COM鎌倉に勤務。06年以降、鎌倉の地域密着型情報TV番組の企画・制作・取材・キャスターとして活躍中。
山本かおり:14年夏より秀島実に師事。同年「アネモネ綺譚」に出演。幼少時よりダンスを習う。大学時代にストリートダンスに触れ、PVやバックダンサー、アパレルのショーモデルを経験。横浜ダンスディライト特別賞受賞。
*啐啄(そったく)の機:禅において、師家(しけ)と修行者との呼吸がぴったり合うこと。機が熟して弟子が悟りを開こうとしているときにいう。得難いよい時機。またとない好機。

 

 

 

11月22日~28日 舞踏家・秀島実写真展/写真:今和明、ノニータ、藤原浩「三写三様・三位一体」

TOP

公演「小父さんの直覚」の写真他、舞踏家・秀島実と写真家たちのコラボレーション作品。

世界は謎と驚きの連続だから、踊りつづけろ、撮りつづけろ。研ぎ澄まされた眼差しと思惟・感覚の拡張器、夢現の玉手箱で写された珠玉の作品の数々。

*秀島実舞踏公演・美術担当、櫨山創大のタブローも特別展示予定

日時:2014年11月22日(土)~11月28日(金)

11時半~18時 *店は25時くらいまで開いているので、写真を見ることはできます。

料金:無料

場所:「TUMUGI」3階ギャラリー

鎌倉市由比ヶ浜2-2-36  0467-55-9321

11月28日(金)21時~23時:

「アネモネ綺譚」アフターパーティ  ¥3,000

キュレーター/プロデューサー:淺野幸彦

宣伝美術:佐藤昭一+STUDIO UNI

感 謝:吉村英紀 石井宏和 坂野崇 中村早紀 たにし優子

主催:舞踏/文化’21

◆今 和明:広告写真家・商業写真家の助手経て、85年KON写真事務所設立。銀座キヤノン・サロン(東京)「Bobon我梵・ヒマラヤ神々の光の記憶」、木田金次郎美術館「旅の記憶から」オープンスペース/ゼフィルス「旅の記憶から2」、個展「東京パノラミックス」など発表。多くの写真塾、学校の講師等を務め、雑誌、WEB媒体、広告まで幅広く活躍中。

◆全身写真家ノニータ:92年「第一回キヤノン写真新世紀」で荒木経惟優秀賞を受賞。以降、TV-CMの撮影監督、各種施設の写真インスタレイションからテレビ、映画出演、写真講師等で活動。2010年写真集「パンモロ」発売。2012年、写真展「京浜ローカル1.0」を川崎尻手の新川屋酒店で開催。岩下志麻から、ももいろクローバーZ、AKB48まで人間を撮らしたらピカイチ。

◆藤原 浩: 2001年に初めて一眼レフを手にし、独学で写真を学ぶ。風景を中心に撮影活動を続け、2006年から秀島実氏の撮影をはじめる。最近ではポートレート撮影を中心に撮影を行っている。「Corpus(コルプス)/身体表現批評〈no.1〉特集 大野一雄 (単行本)」等に写真を発表。

 

 

 

秀島実舞踏公演「アネモネ綺譚~NOW HERE / NOWHERE~」

anemone_s

突如として断ち切られた 人間生命は 植物の中に運ばれる
*ミルチャ・エリアーデ「大地・農耕・女性―比較宗教類型論」より

大好評を博した『小父さんの直覚』を凌ぐ傑作!

口上:
アネモネは風の花。窓(Window)は風の目。
秀島実の舞いは、NOW HERE(いまとここ)とNOWHERE(どこにもない場所)、
生の躍動と死のきわを自在に行き来する風。
ある時は激しく、ある時は優しく・・・天使のように大胆に悪魔のように細心に。
大野一雄ゆずりの「真の花」の飄逸な踊りは、かろみと深み、流れとよどみ、聖と俗を往還する、感動の体験だ。
知覚の窓/風の目を大きく開いて、そのグラデーションのエクスタシー(脱我)に身をゆだねる時の至福。
~プロデューサー 淺野幸彦~

開催日:2014年11月28日 金曜日
開 場:19時  開演:19時半
場 所:鎌倉生涯学習センターホール
チケット:3,500円 全席自由

チケット取扱所:島森書店 松林堂書店 たらば書房 鎌倉美学 トリアングロ ほか

◆Peatixでも限定30枚、取扱い中です。
http://anemone.peatix.com/view

お問合せ・お申込み:hideshima.dance@gmail.com  0467(24)0091

*お申し込み方法:下記口座に前売り代金×人数分(代表の方のお名前明記)をお振込みの上、チケット送付先のお名前とご住所をhideshima.dance@gmail.com宛にメールにてお知らせください。
チケットとチラシをお送りします。

銀行口座 口座名:秀島実
三菱東京UFJ銀行 鎌倉支店 支店番号255  普通口座 1389730

神奈川県文化芸術団体事業助成事業

主 催:「秀島実舞踏公演」制作委員会  舞踏/文化 ’21
協 賛:KEN-SHU  MANNA  CASA TRIANGULO

舞 踏:秀島実  中村早紀
吹 奏:坂野正崇(アルトサックス)
音 響・照明:曽我傑 野澤昌平
美 術:櫨山創大
舞 台:重田隆一
衣 装:野澤香
ヘアメイク:吉田兼修
写 真:ノニータ、今和明、藤原浩
宣伝美術:佐藤昭一+STUDIO UNI
制 作:たにし優子
プロデュース:淺野幸彦

協 力:柏原弦 深澤徳 原優子 Henri Grohmann 小林紀 小畑大輔 坂野輝美 宮田典子 奥山千羽 CAESAR BLANCA inc.  TWICE CULTURE  NPO法人「共有空間」

PAGETOP
Copyright © Minoru HIDESHIMA / 秀島実 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.